ジェネリック医薬品選択の自由

ジェネリック医薬品選択の自由が浸透してきている医療ですが、避妊を希望する場合にもあります。

たとえば避妊を怠ってしまったり、コンドームが破けていたりしたといった性行為後に緊急措置として行う避妊方法です。
これは、モーニングアフターピルと呼ばれています。
このモーニングアフターピルは、性行為後72時間以内に大量の混合女性ホルモン製剤を服用することによって、着床を防ぐことが出来るようになるので、避妊することに役立ちます。

モーニングアフターピルを服用すると、頭痛や吐き気が一時的に生じたり、不正出血などのトラブルも起こりうるので、あくまでも緊急措置の方法として知っておくと良いでしょう。

しかしこのような緊急避妊を行わなければならない事態の時には、婦人科、あるいは専門外来などで診てもらえます。
緊急避妊の処方は、専門医が問診を行った上で行います。

具体的には、最終月経日、月経周期、緊急避妊薬を服薬したことがあるかどうかを問診で聞かれます。

中には、ピル外来専門で行っている医療機関もありますので、避妊を緊急で行いたいというニーズに対応してくれます。

受診者は「ピルを服用することへの強い不安」や「人には決して言えない悩み」があるものですが、決して一人で悩まずこのような専門外来へ相談すれば、少しでもその不安を解消して行くことにつながります。

心配があるだけで処方を希望する方も居ますが、念のため処方をしてくれるようになっている場合も多いので、心配ごとや希望を良く伝えるようにしましょう。

また、出来る限り安く早く処方しいてほしいという方にも対応してくれる場合もあるので、まずは悩んでいるより直ちにこういった専門外来への受診が望ましいといえます。