モーニングアフターピルにジェネリックはあるの?

モーニングアフターピルとは性交をしたあとで避妊をする薬なのです。
着床することを防ぐ効果があるのですが、性交をしてから早く飲めば飲むほどに避妊の成功率が高くなります。
24時間以内の場合は95パーセント、三日以内の場合でも大体75パーセント物確率で避妊できます。
女性ホルモンを大量に摂取することで避妊をする仕組みになっています。
しかしモーニングアフターピルは決して安いものではありません。
そもそもこれは治療として使われるものではなく完全に自由診療の範囲内のものだからです。
保険も使えません。
しかし最近ではモーニングアフターピルのジェネリックも出ています。
こちらはオリジナルに比べて安価で販売していますが内容は大体同じようなものです。効果もオリジナルに比べて効き目が少ないというわけではありません。
ですのでできるだけ少ない費用で避妊したいと思っている人にとってはいいものとなります。
医療機関で処方してもらうのが普通ですが、その場合は診察代もかかるので知っておいてください。
診察代はオリジナルであってもジェネリックであっても同じ額になります。
最近ではジェネリックについて知っている患者さんもかなり多いことから大体の病院ではジェネリックを用意してくれています。
どうしてもオリジナルに対してのこだわりがあるなら少し高いオリジナルでもいいでしょう。
ちなみに通販などでも販売していますが、通販では診察がありませんので元々の持病のある方は注意しなければいけません。
大事なのはその方の体に合っているかどうかですのでもしも不安でしたら必ず診察をしてもらうようにしましょう。
ジェネリックは信頼できる大手のメーカーのものもありますので好評です。