モーニングアフターピルを使う時期と太る可能性

低用量ピルでもそのような噂がありますが、太るということはありません。ピル自体に肥満の女性に服用できないことから、どこからか歪曲され始めて太るという噂が流れるようになった経緯があります。不妊になるというのも、低用量ピルを服用することで妊娠を防ぐ効果がありますので、いつからか不妊になるという噂が流れるようになったのでしょう。ピルを服用することで太ることや不妊にはなりませんので、正しい知識を持って使いましょう。

緊急避妊薬として知られているモーニングアフターピルは、最後の避妊薬になりますが、あくまでも正しい使い方をした女性に限り、高い確率で避妊に成功します。モーニングアフターピル成功のカギになるのが時期になるでしょう。一般的に使われているモーニングアフターピルは72時間以内に服用する必要があります。服用する時期があり、そしてリミットがありますのでよく理解しておきましょう。また時期は72時間以内になっていますが、早く服用すればするほど成功率も高くなります。セックス後のトラブルが発覚した時に早急にモーニングアフターピルを服用するようにしましょう。

また正しく服用する必要もあります。一般的なモーニングアフターピルは2回服用しなければならない医薬品であり、飲み忘れをすると当然効果がありません。また副作用に吐き気があることで、服用後に吐き出してしまうこともあります。2時間以内に吐き出すともう一度服用しなければならなくなり、また過剰摂取も懸念されますので、医師の指導が求められます。正しい知識があるからこそ、最終手段の避妊薬であるモーニングアフターピルがあります。正しい服用方法を守ることで、高い確率で避妊が成功することを忘れてはいけません。