本気で英語を学ぶ方にセブ島留学を勧める理由

英語の需要が世界的にも高まり、学校教育でも小学校から英語を学ぶ様に変更もされています。

授業では基本を学ぶので、学校だけでは実用的に使いこなすレベルにはどうしてもなりません。それは日本では英語を使う機会が少ないから耳も頭も慣れないのが理由です。どっぷりと英語の世界で過ごす事で習得できるとして留学が効果的です。しかし英語を学ぶ留学先はアメリカやヨーロッパが多いのですが、近年はフィリピンといったアジア圏の留学が注目されています。

フィリピンの公用語はタガログ語と英語であり、実は英語を話す人口は世界で3番目に多い国なのです。特にセブ島周辺の地域では英語が主流です。タガログ語と英語を使いこなす国なので英語教育の実績があると言えます。イギリスやアメリカよりも近く物価も安い事から、アジア圏でも十分に英語を学べて費用も安いセブ島留学が注目されています。セブ島留学が良い理由は費用や近い事だけではありません。

フィリピン人はフレンドリーな国民性があり、友人もすぐできる環境で先生とも関係を築きやすいです。そういった背景から英語を親身に教えてくれて教え方も上手です。教え方が上手いのには理由があり、タガログ語が地元の言葉である事が背景にあります。地元の言葉以外に英語を話せる様に学ぶフィリピン人は、英語を話せない・苦手な気持ちを理解しているからです。公用語に英語を採用されていますが、母国語も大切にしている国だからこそです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です