セブ島留学の学校選び

フィリピンのセブ島は英語力が高く、物価が安い、日本から近くビザが取得しやすいなどのことから留学先として人気になっています。

そんなセブ島には、留学先にオススメな学校がいろいろあるため自分にあった学校を選ぶことで、しっかり英語を身につけることができるようになります。セブ島などフィリピンの留学できる語学学校には、大きく分けると2つのタイプがあります。厳しい環境で語学を学ぶスパルタタイプと、非スパルタのノーマルな学校です。

どちらを選ぶかによって学校選びは始まります。スパルタタイプは、平日学校以外には外に外出禁止で、毎日自習や小テストがあり、学校によって徹底度は異なりますが母国語は禁止、日本人比率が少ないというのが特徴です。対してノーマルタイプは、平日は授業が終わったと外出自由で、自習は個人の裁量で自由に自習室が使用でき、母国語で話している学生も多く、日本人比率は学校によって異なります。

当然、言葉を身に付けたいならスパルタタイプの方が身につけられますが、その分ストレスも溜まります。このようなタイプを選んだ上で、カリキュラムなども見ていきます。一般的英会話コースから、試験対策コース、その他の専門コースなどが選べます。また、生活する施設も重要です。料金が安ければ施設のクオリティは低く、高くなれば清潔さやジムなどの設備が充実します。部屋のタイプは個室や相部屋などから選ぶことができるため、自分の性格や予算などを考えて選んでいきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *