英語使用圏での留学を考えている人に必要な資格

皆さんは英語使用圏への留学を考えたことはありますか。

その場合、どのような資格を取ればいいのかなどを調べたりするかもしれません。今、留学する上で一番有力な資格は英検とTOEFLです。この二つは留学と受験用に行われている資格試験と言っても過言ではないかもしれません。

皆さん、英語の資格と言えば英検とTOEICを思い浮かべてしまうかもしれません。しかし実際にTOEICが役立つのは社会に出てからのことになります。ですので、大学に入るまでに英検もしくはTOEFLを取っておくと後々楽になる可能性が高いでしょう。

では、実際に試験を受けるまでにどのような勉強をすればよいのでしょう。基本は大学受験と同じですが、リスニングがありますのでどちらかの資格の勉強をしておくといいでしょう。

特に英検でしたら高校卒業までに最低2級を、できれば準1級を取っておけば余裕を持って留学ができる可能性が考えられます。また、単語と文法の勉強は欠かさずにすることで英語力をキープすることもできるので、常日頃から時間の空いたときに少しずつ勉強するといいでしょう。

これらの勉強をすることは大変でもありますが、取ってしまえば永久的に使うことが出来ます。更新する必要もありませんので、できるならばとっておくべきライセンスの一つになるのではないでしょうか。

もしこれからでも時間があるというのであれば日々時間を見つけて勉強に取り組むようにすると早い段階で効果が見えてくるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *