アメリカ留学のためのビザ取得手続きで必要となる書類

外国に留学をするためには、先にビザを取得しなければならないのが一般的です。

このビザの取得手続きにおいては様々な書類が必要ですが、その種類は留学先となる国によって異なります。では、留学先がアメリカだった場合は、ビザ取得手続きの中でどのような書類を用意しなければならないのでしょうか。アメリカの留学ビザの申請において必要な書類としてまず挙げられるのはパスポートで、アメリカ国内に滞在を予定している期間に6ヶ月を加えた期間が有効期間として残っているものを用意する必要があります。

また、古いパスポートを所持している場合は、そのパスポートの提出も必要となっています。証明写真についても6ヶ月以内に撮影したものを1枚用意しなければなりません。写真のサイズは縦横ともに5センチで、白色かつ無地の背景で、正面を向いたものが必要です。また、申請者本人の財政状態を証明する書類も必要で、取得するためには預金口座がある金融機関で英語表記による残高証明書の交付手続きを行わなければなりません。

残高証明書を発行してもらう場合には手数料がかかるので、支払えるだけの現金を持参しておくのを忘れないようにしましょう。留学ビザ申請ではこの他にも、現地の教育機関が作成した入学許可証、面接予約確認書が必要となります。そして、全ての書類の準備が完了したら、ビザ申請書を作成します。アメリカの場合、申請書はオンラインで作成するようになっており、完成した申請書は印刷して大使館や領事館での面接時に他の必要書類とともに持参します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *