高校生で留学をするといい理由

近年高校留学の仕方が変わってきており、日本の高校に在籍しながら海外の高校に留学をするケースが増えています。

このケースは大学ではよく見られる方法ですが、今までの高校にはあまり浸透していませんでした。今までは修学旅行のような形で1~2週間ほど高校体験をする場合や交換留学で1年間程度海外の高校に通うことが主流でした。しかし近年は文部科学省の後押しもあり、短期間や交換で海外にいくのではなく私費留学という形で、日本の高校に在籍しながら最長1年間まで休学をして、海外の高校で学ぶことが増えてきました。

高校生から学ぶメリットは、記憶力が良いためすぐに学んだことを吸収することができるという点です。また今後大学に進学するのであれば、高校の時の経験をいかして英語を使う日本の大学に進学するのか、海外の大学に進学するのかを選ぶことができて将来の視野が広がります。

さらにもし他の語学にも挑戦してみたいという気持ちがある場合は、高校生の時にある程度英語をマスターしておけばそれをいかして中国やスペインなど他の国に行くこともできます。また親元から離れて全く異なる土地で生活をすることで自立性や規律が身に付いて精神的にも成熟することができます。そして海外の高校は日本とは違い、多種多様な生徒が集まっているので様々な個性を伸ばすための教育を徹底しています。自分から待っていても何も得ることができないので積極的に主体性を持つようになります。
アメリカ留学のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *