留学費用は国によって違う

留学に必要な費用は、主に授業料、教材費、滞在費、食費、航空費、保険料、諸手続き費用、お小遣いなどが上げられます。

航空費が距離に応じて違うことはわかりますが、長期的に見て、大きく差が出るのが物価の違いです。物価の安い国だと滞在費用が安く抑えられるので、長期的に滞在するとなれば重要な点になります。また一口に留学といっても国や文化の違いからずいぶん差が出ます。ほかにも住む場所が郊外か市街地なのか、またホームステイなのかシェアハウスなのかなどの生活スタイルでも費用に差が出てくるのです。

留学先を選ぶ際には、授業料、物価の違いなどを頭に入れ、どの程度まで留学資金、生活費、授業料などが出せるのかを踏まえ、しっかりと計画を立てた上で考慮したほうがよいです。しかし、費用の面ばかりではなく、滞在する予定の国で実施しているプログラム、触れたい文化など、目的と費用の両方の面で、自分にあった計画を立てます。またワーキングホリデーを利用したい場合には、受け入れてない国もありますので、事前に調べます。

ワーキングホリデーにかかる費用は、航空費、保険料、授業料、滞在費などです。また学校には短期間だけ通うことができますが、そのほかにも働いたり、現地で旅行に行ったりと、その国の文化や生活を知ることが目的で、しかも滞在期間が一年と限られています。語学をしっかり学びたいのであれば、ワーキングホリデーではなく現地の学校に通いながら習得できる語学留学がよいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *