カナダ留学で学べること

語学を学ぶためにカナダ留学する際に利用できるビザには、観光ビザ、学生ビザ、ワーキングホリデービザがあります。

観光ビザはパスポートだけで最長6か月の滞在が許されており、その間に語学学校に通うことが許可されています。しかし、仕事をして収入を得ることはできません。学生ビザは6か月以上学校に通う場合に取得が必要になり、申請時には学校からの入学許可書が必要とない、また、留学するために必要な資金が十分にあるという証明も必要となります。こちらも仕事をして収入を得ることはできません。

ワーキングホリデーでは仕事の制限がなく、1年間同じ雇用主のもとで働くことが出来ますが、利用するためには、「国際的視野を持った青年を育成するため」という定めの下、18歳~30歳までの年齢制限が設けられています。しかしながら、申請時に30歳であれば良いので、カナダ留学へ出発する時に31歳を迎えていても問題はありません。許可書が発行された場合、発行から1年間は有効となるので、それまでカナダに入国することが出来、入国した日から1年間の滞在許可がおります。

カナダでは、入国後にビザの種別を変更(例えば観光ビザからワーキングホリデービザへ変更等)が可能です。しかし、変更内容によってはカナダ国内の書類申請だけで出来ないものもあるため、期間延長を利用してカナダ留学をするならば、事前に調べておく方が良いでしょう。そしてカナダの公用語は英語だけでなくフランス語も話されているため、フランス語も一緒に学ぶことが可能です。また、カナダは治安も良いため、同じ治安が良い日本とは相性が合うかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *