フィリピン留学は気軽に行ける

フィリピンは、7000以上の島々からできています。

地域ごとに異なる方言が使われており、フィリピン全土で共通の言語が必要でした。1898年にアメリカの植民地になってから、共通語に英語を採用しました。現在でもフィリピンでは小学校から大学まで授業は英語で行われ、東アジアで最大の英語国家だといえます。そのため、英語を習得したい多くの外国人がフィリピン留学をしています。フィリピン留学は安いのが特徴です。

アメリカ留学の平均は2200ドルです。それに対してフィリピン留学では1500ドルと3割も安く設定されています。またフィリピンではマンツーマンの指導を受けることができます。これはフィリピンの人件費の安さのおかげで実現しています。集団の中で話すのが苦手な人も、周りを気にせずに授業に参加できます。フィリピンの多くの学校で正規の授業とは別に無料の課外授業を実施しています。

学校によって異なりますが、発音矯正やリスニングなどの英語の基礎的な学習から、TOEICやTOEFLの対策まで行っています。フィリピンは地理的に日本に近いことでも人気です。日本との時差は1時間なので時差ボケで体に負担がかかる心配がありません。

飛行機が日本の主要都市と直行便で結ばれているので、アクセスしやすいです。飛行機でフィリピンに着くと、入国審査を受けるときにビザも無料で取得できます。ビザを延長するときは、学校のスタッフが代行で手続きします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *