高校留学して英会話できるようにしよう!

日本の英語教育は、英文法と単語の暗記に力を入れており、その確認方法としてテストをします。

そのテストで良い点数を取る、あるいは受験時に良い点数を取ることを目的としているので、英会話することに力を入れていません。英会話の授業が近年取り入れられていますが、その授業数が少ないため、ほぼ意味のない状態になっています。もし、英会話を身につけたい場合は、英語の授業には期待せず、高校留学すると良いでしょう。高校留学することで、英語を話す環境が手に入ります。

英語を話すことが当たり前であり、日本語を話せない状況に自分を追い込むことになります。コミュニケーションを取る際、日本語を使うことができないので、自然に英語を話せるようになるでしょう。このとき、完璧な文法を守ろうとはせず、自分の知っている単語のみで対応しても問題はありません。単語のみを使い、言いたいことを伝える努力が英会話取得への第一歩となります。

注意として、高校留学すれば必ず英会話を取得できるわけではありません。日本語を使わないこと、英語を積極的に使うこと、これを高校留学中に経験しなければならないので、消極的な行動は避けましょう。恥ずかしがらず、また、通じないことに対して不安に思わず、自信を持って知っている英単語を発話すると良いです。発音に関しては訓練しなければなりませんが、どんな英語を話せば良いかはコミュニケーションで学べます。だから、英語を使うことに一生懸命になりましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *