高校留学ならその後の選択肢を広げることができます

留学というと、大学生や社会人になってからの留学を思い浮かべる場合が多いですが、語学と国際感覚を身につけることを目的とする留学でであれば、高校留学がオススメです。

なぜなら、大学生になってからだと、留学のために留年したらり就職活動がおくれる可能性があり、社会人になってからだとまとまった休みが取りにくいので仕事を辞める必要があり、ハードルが高くなってしまうからです。中には留学そのものを諦める人もいます。その点、高校留学であれば、まだ未成年なのでホームステイ又は学校の寮に滞在するケースがほとんでで、管理が行き届くので親としても安心ですし、朝から晩まで現地の人と触れ合うので語学の上達も期待できます。

高校留学をすれば、その後の大学進学でも有利になる場合があります。なぜなら、多くの大学では語学が一定レベル以上できる人はその科目の試験を免除したり、入試を優遇するので入試が楽になります。また、高校留学の際にある程度の語学力を得ておけば、大学では別の言語を勉強したり、他の資格試験の勉強に励むことができるなど時間と気持ちに余裕ができます。

最近は語学力があることは当然とされており、就職活動でも語学力以外の何かが無いと良い就職先の内定は勝ち取れないという厳しい競争社会であるので、早いうちに高校留学をしてその後の選択肢や可能性を広げることがオススメですし、大学留学よりもコストがかからないのでサポートする両親としても大変助かります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *