高校留学の種類と特徴

高校留学する高校生の数が増えています。

感受性が強く思考の柔軟なときに、海外での生活を経験することで、国際感覚や語学力が磨かれるだけでなく、精神面でも大きな成長を期待できます。ひとくちに高校留学といっても、卒業留学、交換留学、語学留学などさまざな種類があります。卒業留学は、現在の高校留学の主流となっています。現地の高校で卒業するまで学ぶ留学で、語学力レベルや希望に応じて進学先を選ぶことが可能です。卒業後は、現地の大学や別の国の大学へ進学するケースも多いです。

語学力が飛躍的に向上するほか、問題解決能力や異文化適応能力が養成されます。交換留学は、通常一年間、現地の公立高校に通う留学です。滞在は基本的にホームステイになります。受け入れを承諾してくれた高校に留学することになるため、こちらから選ぶことはできません。また一定レベルの英語力を求められます。

留学後は日本に戻って日本の高校を卒業します。語学留学は、春休み、夏休みなどの長期休暇中に現地の語学学校に通って学ぶ留学です。1週間から可能です。長期の留学を計画している場合に、お試しで行ってみるのもいいでしょう。高校留学を希望する場合は、自力で準備することも不可能ではありませんが、留学エージェントに相談するとスムーズにすすむでしょう。留学中にトラブルがあった際のサポートを受けることもできます。複数のエージェントでカウンセリングを受け、信頼できるところを選ぶようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *