Skip to content

離煙パイプなら禁断症状が出にくい

離煙パイプは禁煙グッズの1つですが、禁煙のストレスをほとんど感じることなくタバコをやめることができるとして注目されています。離煙パイプは、いつものようにタバコを吸いながら、徐々に禁煙に近づいていけるというのが大きな特徴です。離煙パイプは、31本のパイプがセットになっているもので、1番目のパイプから毎日順番に取り替えていって、1ヶ月かけて31番目のパイプまで使用していきます。順番を追うごとに、徐々にニコチンを軽減していけるようになっているのが大事な事で、いつものようにタバコを吸いながらも、徐々にニコチン中毒を改善していくことができるでしょう。

タバコをやめる際に一番のネックになるのが、ニコチン中毒に他なりません。ニコチンが切れると、タバコを吸いたくて吸いたくて仕方がなくなる禁断症状があらわれてきてしまいます。この禁断症状は、タバコを吸わない人にはなかなか分からないかもしれませんが、タバコを吸わないとイライラしたりして、いてもたってもいられなくなる強い衝動です。禁煙にチャレンジして、いきなり完全にニコチン摂取を止めてしまうと、強い禁断症状があらわれてきてしまい、それに打ち克つことが出来ずに挫折する人がたくさんいます。

このパイプでは、いきなりニコチンを断つのではなく、徐々に減らしていくので、強い禁断症状は起きません。気づいた頃には、ニコチンがなくても普通に生活できる体に変化していますから、禁煙が成功しやすいです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *