Skip to content

血糖値を下げるために気をつけること

血糖値の上昇は糖尿病につながり、特に空腹時にこの値が上がると病院での治療が必要になります。この血糖値を下げる方法ですが、運動することと食事に気をつけることで対処できる場合があります。運動においては、激しいものよりは「有酸素運動」が有効で、ジョギングやウォーキングがそれにあたります。有酸素運動は血液中の糖分をエネルギーに変えてくれる効果があり、脂肪の燃焼も促すこともできますので、血糖値を下げるのには最適な運動です。

1日30分程度を目安に取り入れるとより効果的です。近くにプールなどがあれば、水中をゆっくり歩くような運動も足腰に負担をかけずに効果が発揮できます。また、食事においては急激に血糖が上昇するような食べ物を控えるか、最初に食べないようにすることで下げることができます。特に炭水化物は食後15分間に100%ブドウ糖に変えられてしまうというデーターもあり、食べ方には注意が必要です。

白米、食パン、などは主食として日頃からよく口にする食べ物ですが、全く食べないと体内にエネルギーが供給されませんので、量を減らしてその分を違うもので補うという方法があります。また主食から食べるのではなく、野菜などのおかずから先に食べることで血糖値を上昇させにくくすることもできます。糖尿病は自覚症状がなく、気が付いた時には血糖値が高くなっていたということもありますので、日頃からの運動と食事に留意して予防をしていくことが大切です。離煙パイプのことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *