Skip to content

血糖値を改善がするには

血糖値が高い、高血糖を改善するには何より生活習慣の改善が大切になります。それには運動と食事の、車の両輪のようなものとなります。血糖値が高い状態でいると糖尿病となっていくリスクが高くなります。それを避けるためには適度な運動が大事になります。

その運動は特にハードなものをすることではありません。その運動を食後にすぐ行うこともよくないことになります。食事の後は心臓にいく血流が少なくなるために体を動かすことは負担になります。少し時間をおいてから、始める前には水分補給をして軽いウオーキングや無理のないジョギングなどの有酸素運動がおすすめです。

脂肪燃焼と血中の糖分がエネルギーとなり血糖値の改善が期待されるのです。腰や膝が痛くてそれができにくい場合には水中歩行やエアロバイクなどがあります。週に3日から5日程度で時間は30分程度で継続することが大切です。それと同時に食生活の改善も行っていきたいものです。

炭水化物の取り過ぎは血糖値の上昇となるので主食となるものはカロリー全体の半分程度にすることです。食事を減らすようにするのと早くに食べること、よく噛まないで食べることもよくないこととなります。早くに食べると満腹を感じる前に次から次へと食べるようになり過食となってしまいます。20分程度の時間をかけてゆっくりと食べるようにします。

食べる順番も炭水化物は血糖値を直ぐに上昇させるので副食から先に食べるようにします。主食はできる限り後回しにします。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *