Skip to content

血糖値を下げるための食事や運動

生活習慣病予防検診や病院での採血や人間ドックなどで血糖値が高いという指摘をされたことがあるという人は多いのではないでしょうか。その数値は上昇すればするほど糖尿病発症のリスクが高まりますので早めに対策を講じることが重要になります。対策としては、食生活の改善と運動がカギとなります。食生活で注意すべきことは、甘いものや炭水化物などの糖質を含む食べ物をなるべく控えるということです。

しかし、食べたいものを我慢するとストレスにつながってしまうので食べ方を工夫するということが必要です。具体的な方法としては、食べる順番に気をつけるということです。ご飯やパンや麺類などの炭水化物や甘いものを食べる前に、食物繊維を豊富に含む食べ物を食べることで糖質の吸収を緩やかにさせて急激な血糖値の上昇を防ぐことができます。食物繊維が含まれている食べ物としては、野菜、果物、大豆製品などがあります。

野菜ジュースや豆乳を食事の前に飲んでおくという方法も手軽でおすすめです。血糖値の吸収を抑制する効果があるお茶や健康食品やサプリメントなどもたくさん市販されているので積極的に取り入れてみましょう。運動は、食後30分くらいのタイミングを狙って行うのが効果的です。血糖値が最も上昇するのが食後30分頃であり、そのタイミングで体を動かすと効率的に血糖値を下げることができるからです。

ダイエット効果を得ることもできます。上手に糖質のコントロールをして糖尿病のリスクファクターを取り除きましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *