Skip to content

離煙パイプの特徴や使い方

離煙パイプとは、今までと同じようにタバコを吸いながら禁煙していくことができ、ヘビースモーカーの人でも気軽に試すことができるプログラムと注目を集めているアイテムです。薬剤は一切使用されておらず、摂取するニコチンの量を1日3%ずつ減らしていき最終的にニコチンを必要としない状態まで戻していく、画期的な禁煙グッズとして人気を集めています。大きさの違うミクロの穴の加工でニコチン量をコントロールしていく離煙パイプは、吸いながらタバコとお別れすることができるのです。離煙パイプの使い方は簡単で、日ごろ吸っているタバコにパイプを差し込むだけで、あとはいつも通りタバコを吸うだけです。

パイプはN0.1~31まであり、番号順に吸っていけば1日何本でも吸うことができるため、ヘビースモーカーの人でも本数を気にすることなく好きなだけ吸うことができるのも魅力です。最後の31番パイプになるとニコチン量はわずか0.1ミリグラムとほぼ禁煙状態になるのです。禁煙が成功した後も、「1吸いたい」という誘惑に勝てずまた逆戻りしてしまう人も少なくありません。そんなときも、この31番パイプを使うことでほぼ禁煙状態になり再び元の状態に戻ることを防ぐことができるのです。

離煙パイプはほぼ全てのタバコに使用することができるため、禁煙してみたいけれどサイズが合わないといった心配もなく、思い立ったときから禁煙を実行できるのも魅力といえるでしょう。離煙パイプのことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *