Skip to content

離煙パイプと禁煙外来で禁煙を目指す

たばこ税が毎年増税されていきます。ついにはタバコひと箱で1000円する日も遠くないように思われます。こうなってくると、いよいよ家計を圧迫する家庭も多いことでしょう。また健康増進法や日本禁煙学会の啓もう活動によって、健康に配慮しタバコが吸える場所がほとんどなくなってしまいました。

いまや家庭のベランダでさえ近隣住民からに煙が臭いとして苦情が来て、落ち着いてタバコを吸うことができなくなっています。こうした状況を鑑みて、いよいよ真剣に禁煙を考えなければいけないと思っている人も多いことでしょう。しかし長年タバコを吸い続けている人の多くは、ニコチン依存症になっていることがほとんどです。タバコを吸ってから一時間も経過すると血中のニコチン濃度が低下して、イライラしたり精神的に不安になるのです。

こうした人が禁煙するのは並大抵のことではありません。この場合には内科で禁煙外来を受診するとよいのです。禁煙外来ではニコチンパッチやニコチンキャンディーなども処方してくれます。タバコを吸わなくてもニコチンパッチをすることで禁断症状を緩和し、徐々にニコチンのない生活に誘導して禁煙します。

また禁煙外来とともに離煙パイプを活用するとよいでしょう。禁煙中はタバコをくわえられないことがストレスになります。離煙パイプをくわえていれば、メンタルが落ち着くようになります。離煙パイプはコンビニエンスストアやネット通販で⒨購入する事ができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *