Skip to content

離煙パイプには禁煙効果を期待できるのか

最近、離煙パイプとよばれる特殊な加工が施されたパイプが注目を集めていますが、この商品を購入するかどうかの判断基準となりうるのは、なんといっても禁煙効果の有無です。離煙パイプには、いったいどの程度の禁煙効果が期待できるのでしょうか。離煙パイプの禁煙効果は、補助薬を用いた場合よりは低く、ニコチンパッチを用いた方法と同程度と考えておくと良いです。もし、より確実な方法でタバコを吸うのをやめたいのであれば、専門外来がある医療機関を受診し、補助薬を利用した禁煙にチャレンジしたほうが良いでしょう。

離煙パイプを使った禁煙は、経過日数に応じてパイプの穴の大きさを広げてニコチンの摂取量を減らしていくというスタイルで禁煙に導きます。用法を守って31日間使用を続ければ、最終的なニコチンの摂取量は非喫煙者が空気中から取り込む量と同程度にまで落ち、うまくいけば数日後にはタバコをまったく吸わなくてもよくなります。ニコチンパッチを使ったニコチン置換療法とは少し異なるアプローチですが、時間の経過とともに摂取量を減らしていって身体を順応させていくという点では変わりません。しかし、パッチは使い捨てで治療を継続するためにはその都度新しいものを買わなければならないのに対し、離煙パイプは洗えば何度でも繰り返して使用できます。

定価が1万円を超える高価な商品ですが、メーカーが推奨する使い方を守って綺麗に使い続けていれば、数度繰り返しての使用で十分にもとを取ることができるでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *