Skip to content

離煙パイプを利用することで得られるメリット

長年煙草を吸っている人は、やはり非喫煙者の方に比べると健康面でのリスクが多いです。健康面を考慮するのであれば、禁煙することが望ましいです。ですが長年吸っている事でニコチンに身体が依存してろい、身体が求めてしまことで禁煙自体がうまくいかないことが多くあります。様々な禁煙グッズがありますが、その中で自然と止められる事ができる方法の1つに離煙パイプの利用があります。

セット内容としては1日に使用するパイプが1本入っており、それが31日分用意されています。それを日ごとに使用することで自然とニコチン摂取量が抑えられ、気がつかないうちに身体からニコチンの依存がなくなる仕組みです。離煙パイプを利用することで得られるメリットとして、1日に吸える煙草の本数に制限がないという特徴があります。そのため自分では禁煙をしているという自覚がなく、禁煙させられているという強制感も感じずに済みます。

意識的な矯正を感じる事が無いのも、禁煙をしている本人にとっては魅力です。離煙パイプ自体の利用方法は、普段吸うたばこにパイプを設置して利用するだけになります。利用方法自体がとても手軽という点も負担にならずにすみます。1日何本も煙草をすっていても、パイプ自体が3%ずつニコチンをカットしてくれているので自然と止められる手軽さも特徴です。

自分では吸っているつもりでも、31日目となると95%ものニコチンがカットされている状態となります。自然と身体もニコチンを求める事がなくなり、気がつけば禁煙出来ているという効果が得られます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *