Skip to content

病気にならないために離煙パイプで禁煙

病気を経験すると健康のありがたさを身に染みて実感するようになります。毎日当たり前のように電車に揺られ会社に行き、辛いことも経験して働いてたことが本当はどれほど尊いことなのか気づかされます。また自分が入院している時に見舞ってくれたり、介護してくれた家族のありがたさを改めて実感するのです。病気はやはりしてはいけない、病気を家族にさせてはいけないと感じた方も沢山いることでしょう。

病気をしないためには、日ごろの生活習慣が重要になってきます。暴飲暴食を避け、夜更かしをせず、食事は腹八分目にし適度な運動をすることは本当に大事です。それと同時に今まで見て見ぬふりをしてきた喫煙に対しても真剣に向き合うべきだと言えるでしょう。病気をせず、また愛する家族にも病気にさせないためには禁煙は絶対に実践しなければいけません。

しかし長年ニコチン依存になってい居た人にとって、いきなりタバコを完全にたつのは並大抵なことではありません。そこで極端な方法ではなく離煙パイプなどを用いて、徐々にニコチン摂取をコントロールしていくとよいでしょう。離煙パイプは煙を出さず、補填するフレーバーもニコチンを含みません。しかし離煙パイプは口にくわえるので、喫煙の疑似体験ができるので口が寂しいと言うことは解消されます。

また煙が出ないので、家族に受動喫煙させる心配はありません。あとはニコチンキャンディを舐め、ニコチンを摂取しつつ、その量を徐々に減らして禁煙に導いていくのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *