Skip to content

離煙パイプは既存の禁煙補助薬の代わりとなりうるのか

離煙パイプは2010年代半ばに発売された比較的新しい禁煙グッズで、タバコをやめようかどうか考えている人であれば、多くの人が一度は見聞きしたことがある商品でしょう。この離煙パイプを手に入れるかどうか考えるにあたって気になることといえば、なんといっても効果であり、特に禁煙治療において用いられている既存の禁煙治療薬と比べてどうなのかは気になるところです。結論から述べると、離煙パイプは禁煙補助薬の代わりと十分になり得ます。禁煙補助薬は文字通り薬であるため、製薬メーカーが定めて用法と用量を守らなければ十分な効果が出ません。

また、製品の中には作用が強いものがあり、人によっては服用し続けることによって副作用の症状があらわれてしまい、そちらの方の改善に集中しなければならなくなる可能性があります。これに対して離煙パイプは、パイプの穴の大きさを調節してニコチンの摂取量を減らしていきながら禁煙へと導いていく仕組みとなっています。薬剤は一切使用されていないので、ニコチンを取り込む量が減ることによる離脱症状が起きる可能性はありますが、パイプを使うことによる健康被害は発生することはありません。効果の程度についても、メーカーによるとこれまでに約47万人が禁煙に成功していて、成功率は8割を超えており、医療器具ではないものの医療機関でも導入例がでてきています。

メーカーが公表する実績通りであれば、禁煙補助薬に勝るとも劣らない効果があるといえます。薬は処方箋がないと変えませんが、離煙パイプは医療器具ではないため処方箋は不要であり、気軽に禁煙をはじめることができます。離煙パイプのことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *