Skip to content

吸いながら禁煙したい人は離煙パイプも選択肢のひとつ

喫煙は健康に悪影響を及ぼすことが知られています。喫煙者と非喫煙者を比べると平均寿命だけでなく健康寿命にも差があることが分かっており、タバコを吸うことで生じる副流煙によりタバコを吸わない人にまで影響を及ぼします。また近頃は以前よりも喫煙による影響がいわれることから医療機関でもさまざまな診療科で禁煙外来を設けており、一定の条件を満たしていれば健康保険も適用されます。治療内容はニコチンパッチや飲み薬などを利用して徐々にニコチン依存症から脱却するわけですが、わざわざ医療機関にいくのは面倒、忙しくて時間がとれないという人は離煙パイプを試してみるのもひとつの手段といえます。

離煙パイプは東京に本社を置く企業が開発した禁煙グッズでタバコを吸いながら禁煙できるをテーマにした商品です。31本あるパイプを順番に使用していくことで少しずつニコチンを減らし、違和感を感じることなくニコチン摂取量をゼロにできます。使用方法は簡単でタバコの吸い口にパイプを取付けるだけで、パイプの番号を次第に大きくしていくことで摂取するニコチン量を抑えるのです。代替品として電子タバコを利用する人もいますが味や香りに満足できない場合もあり、その点離煙パイプだと普段吸っているタバコの味はそのままです。

仕組みはシンプルでパイプに穴が空いておりそこからはいる空気量でニコチンの摂取量を制限します。番号が大きくなるほど穴も大きくなり空気流入量も多くなるので、その分肺に入るニコチンの量を減らすことにつながります。最終的にはタバコを吸わない人が空気中のニコチンを吸収するのと同じくらいの量にまで抑えられるので、禁煙を達成したことになるのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *