Skip to content

吸う人の負担を軽減をする離煙パイプ

多忙の中の安らぎを得るための一服として喫煙をするのが喫煙者の目的ですが、そんな喫煙者の中にもタバコを吸う上で悩みがあります。それはたばこの煙による影響であり、たばこの煙には独特に臭いがあるので近くの人を不快にさせるスメルハラスメントになるのです。さらに煙の中には着色成分のタールが含まれているので、煙を口に含むと歯が黄ばむことで見た目が汚くなります。これらの事案というのは対人関係に悪影響を及ぼすので、喫煙者の間でどうにかしたいというニーズが広まったのです。

そこでたばこ業界がこのニーズにこたえるために、たばこに取り付けるキットとして離煙パイプを作ります。離煙パイプはたばこの口にくわえるポイントに装着する器具で、離煙と書かれているようにたばこの煙を専用のパイプ部分で吸着をするのです。口にくわえてたばこを吸うことで、煙の量の多くをカットできるので長時間続く口臭の問題をクリアしてくれます。さらに煙がパイプで吸着することで衣服にかかることがなくなるため、周りを不快にさせるスメルハラスメントをなくしてくれるのです。

そして煙にかかるタールの影響も少なくなるので、100パーセントではないですがすぐに口を水で洗いながすなどの行為をすることで黄ばむリスクも減らしてくれます。離煙パイプは一回限定の付け替えタイプであり、購入額は平均で10本入りで平均2000円から4000円が相場になっています。値段はじゃかん割高ではあるのですが、やはり周りの迷惑を考える風潮になっているからこそ喫煙者は取り付けることで楽しく喫煙ができる環境を整えることが大切です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *