Skip to content

タバコを吸いながら禁煙できる離煙パイプ

離煙パイプというものをご存知でしょうか。昔からよくあるニコチンやタールを体に入れないようにするためのパイプではなく、禁煙するために開発された新しいタイプの禁煙グッズです。では、今までのものと何が違うのかといえば、今吸っているタバコにパイプを装着するところまでは同じですが、離煙パイプには番号が書いてあり、その番号通りにパイプを装着することで禁煙ができるというものです。離煙パイプは、31本のパイプが入っていてそのパイプに番号が書いてあります。

その決められた番号通り毎日取りかえて使うだけでいいのです。もちろん今吸っているタバコを変える必要はありません。専用のタバコを使う必要はないので、本人からすれば本当にこれで禁煙ができるのかと感じるくらい普通です。今吸っているタバコを吸いながら禁煙できるのでまったくストレスを感じないでしょう。

では、どのように禁煙できるかといえばそのパイプに仕掛けがあり、離煙パイプを取りかえていくごとに少しずつニコチン摂取が制限されていきます。本人はいつものタバコを吸っているのですが、体内に入るニコチンが制限されているので、気づかない間に禁煙へと向っています。そして、離煙パイプの最後の31番目のパイプを使う頃には、もうニコチンを体に入れていいないのです。ニコチンがなくても普通でいられるということは、禁煙に成功したと言っても過言ではありません。

無理なくタバコをやめたい人におすすめのグッズです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *