Skip to content

離煙パイプは本当に禁煙出来るのか?

離煙パイプは他の禁煙グッズと比べても高い禁煙成功率を誇ってますが、それでも約1割の人は完全に禁煙が出来てません。この原因は中にはどうしても禁煙をしたくないという人がいて、吸い口が固い・見た目がかっこ悪い・パイプを持ち歩くのを忘れたといった理由から再び煙草を吸う人もいます。この場合、禁煙しようという思いより煙草をやめたくないという気持ちの方が強いためです。31番までいってニコチン依存から離れても、煙草をやめるのは嫌でキープパイプで吸い続ける人もいます。

成功率89.3%に含まれてない残りの10.7%がこれらの人で、ただ、離煙パイプだとすぐ失敗を意味せず31番までいったらその時点で95%の成功といえ、10番まで行かなくても10%は禁煙成功してます。これだと、離煙パイプなら他のアイテムと違い失敗ということはないと言えます。禁煙が辛いのは煙草をやめるとニコチン欠乏で離脱症状が起きることで、イライラ・集中が出来ない・眠れないなど辛い症状が起きて再び煙草を吸いたくなります。これが離煙パイプだと煙草を吸いながら少しずつニコチン依存と煙草への愛着を軽減するので、辛い離脱症状もありません。

苦しさや吸えないストレスもなく楽に煙草をやめられます。タバコを吸う時に離煙パイプを使い、パイプを順番通りに使うことだけで煙草はいくら吸ってもいいです。長く続けてきた習慣になっているので、いきなり吸えなくなったり本数を制限すると逆に煙草が気になり禁煙に失敗します。これなら喫煙制限もなくこれまで通り吸いながら着実にニコチンの依存から離れられます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *