Skip to content

離煙パイプはストレスなく禁煙できる

喫煙している人の中には禁煙したいと願っていても、なかなかうまくいかずに悩んでいる人も多いです。タバコはニコチン中毒になっている事がほとんどのため、体がニコチンを求めてしまう事から簡単にやめる事が難しいといわれています。そのため病院で禁煙治療を受ける方法以外に、市販されている禁煙グッズを活用する人などもいます。では実際に販売されている禁煙グッズにも種類が多いですが、その中でよりストレスなくやめる事ができる方法の1つとして離煙パイプの利用です。

離縁パイプの特徴として、ニコチンをガードするためのフィルターが付いているパイプが31日分に分けて使用するという方法になります。使用方法はとても簡単で1日目は1と書かれた離煙パイプを通常のタバコの装着し、いつもと同じようにタバコを吸えばよいです。離煙パイプはフィルター部分でニコチンをカットしてくれますが、1日から31日にかけてそれぞれのニコチンのカット量が異なるのが特徴です。1日目のフィルターは少量をカットしますが、31日目のフィルターは9割以上のニコチンをカットすることになります。

ただし吸っている本人は1日毎に使用するフィルターが徐々にニコチンをカットされることで、本人はまったく自覚しないままニコチン摂取量が少なくなっています。最終的にはニコチンをほとんど摂取していない状態でタバコをすっているので、体がニコチンがなくても大丈夫に慣れてきており自然と禁煙できます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *